fc2ブログ

ミニ四駆のブログ、続けてます。

大会レポート、マシンガレージ、改造関連、思いついたこととか載せてます。調べたらわかる改造法はなるべく載せないようにします。

なかの模型のこととか

大幅なレギュレーション改訂がされました。
大幅というのは大げさな気がしますが、私個人には大きなメリットです。

まずこちらをご覧下さい。↓
なかの模型店ミニ四駆競技会案内
http://www10.ocn.ne.jp/~nakano/re-su/tenpure.htm

ほとんどヨンクラの日記で書いてますが改めて。
上記URL内の主な変更点

部門の追加
チューン系モーター限定クラス部門の新設
今年の6月より開催します。
使用可能なモーターはURL先にて確認願います。
年内は6月、9月、10月に開催を予定しています。
  ※チューン系モーター限定クラスの月は、
ダッシュ系モーターを使用できるエキスパートクラスは開催いたしません。
ご注意ください。

レギュレーションに関する項目の変更点

 電池に関すること
最近までは決勝戦で使用できる電池は
  自前のマンガン電池、アルカリ電池、ニカド電池、タミヤのネオチャンプ(ニッケル水素電池)
以上4種類でしたが、他社製のニッケル水素電池も使用可能になりました。

 ギヤに関すること
AOパーツの超速ギヤを適合シャーシ以外のシャーシへ搭載することを認めます。
1.4mm、2mmプロペラシャフトを適合シャーシ以外のシャーシへ搭載することを認めます。
例1)
タイプ1シャーシに超速ギヤ、1.4mmプロペラシャフトを使用しても車検に通ります。 
例2)
一部のタイプ系でしか使えなかった2mm中空プロペラシャフトが全てのタイプ系でも使用できます。
  ※従来どおり、クラウンギヤは適合シャーシのみ使用可能なので注意して下さい。

 車検に関すること
車検は予選、決勝共に走行後に行います。

 電池、充電池に関すること
大会施設の管理者側から電源の使用許可の承認がおりたので、
  会場内の電源及び充電器の使用を解禁いたします。
使用条件
・充電機器の使用、管理については自己責任となります。
・会場コンセントからの充電器の使用台数は1人2台までとします。
・自分で使用するコンセント数+1以上のテーブルタップの用意をお願いします。
・マンガン電池とアルカリ電池の温度上限が45℃になります。
・温度は走行前に測定します。測定せずに走行したことが発覚した場合CO扱いになります。

 禁止と記されていないけど禁止に該当すること
・充電に関する機器(充電器や安定化電源)は会場内外の床やテーブル等に直に置くこと
これは充電中に問題が起きた際に施設内の床や備品を守るためと考えてください。
・当然ながら充電が禁止されている電池に対しての充電行為

決勝は予選上位6名によるタイムアタックで決定します。
・制限時間は基本的に1時間を予定しています。
・決められた時間内に決勝進出者は2回までのタイムアタックが出来ます。
・タイムアタックの周回数は2周です。予選のように1回目のラップタイマー通過でキャッチしないよう注意して下さい。


以上になります。
大会参加希望の方はお店やHPでレギュレーションを各自で確認して下さい。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://3249sakurai.blog94.fc2.com/tb.php/283-d9d7b289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)