fc2ブログ

ミニ四駆のブログ、続けてます。

大会レポート、マシンガレージ、改造関連、思いついたこととか載せてます。調べたらわかる改造法はなるべく載せないようにします。

煮詰めてみようSFM!!

時は7月?なかの模型のレーサーの中でFMが流行っていた。
いろんな人が手を出し始めて来た頃だと思う。もしくはもっと前から。


自分自身はと言うと、手を出したら負けだと訳のわからない感情の基製作しないでいた。

8月になりストラトベクターの活躍が出来るのでは?と考え始めマシンの製作を始めた。
1週間ほどで今の形のほとんどが出来上がった。
ケイホビーで初のお披露目となったマシンは速いと言われたが、
比較する相手がいないので実感できずにいた。
それでも立体LCでCOしてしまうので速いだけで意味が無かった。

8月中旬過ぎに友人を家に招き、一緒にマシン製作。
そのなかの何気ない一言でこのマシンのぺラ受けにベアリングが埋め込まれる。

8月の走行会前日に走らせたけど立体LCでCOするばかり。
挙動を見て対策を施すも、「これだ!」というものが無かった。
その日は完走するも非常に納得できない走りばかりだった。
CIMG0120.jpg

これはその時のマシンだが、当時はまだサフの状態。

そうして1ヶ月ごとにマシンを改良させていき、11月の学際で立体LCに対するヒントをつかめた。
それを施したとたん立体LCをクリヤするストラトベクター。
それでも立体の挙動が不安定なことに変わりのない走りだった。
速度を上げたらやっぱり飛ぶ。

翌週の11月のなかの模型の大会でそれを投入するもFMマシンの中で2位だった。
あくまでタイムのみの話が…

来る12月のなかの模型の大会に向けて最大限にできるセッティングを考えた結果こうなった。
CIMG0366.jpg
タイヤは大径を小径にしたものを履き軽量化を。
リヤバンパーの剛性アップもした。
これにより立体LCの下りでマシンはより安定するはず。

最大の改良?は電池落とし。
1.9㎜ほど電池の搭載位置を下げています。
普通にやると遅くなるけど、その点に注意しながらやってみた。
CIMG0365.jpg
これで小径タイヤと合わせてさらに低重心になりマシンが安定する。

あとはいろいろと企業秘密なので公開無しw
これでどうなるかな~
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://3249sakurai.blog94.fc2.com/tb.php/204-14856042
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)