fc2ブログ

ミニ四駆のブログ、続けてます。

大会レポート、マシンガレージ、改造関連、思いついたこととか載せてます。調べたらわかる改造法はなるべく載せないようにします。

面白画像集

大学の機材を使って『磨き』という作業は本当にミニ四駆に必要なのか調べてみた。
この2枚はAOの830ベアリングの比較画像である。
倍率は500倍

こちらは磨き前
コピー ~ 830鏡面前
レースで使用しているとはいえ相手はプラスチック。
つまりデフォでこれに近い状態で使用していることになる。

こちらは830の磨き後
コピー ~ 830鏡面後
肉眼だと自分の顔が反射して見えそうなくらい磨いてあるけど、
実際はこんなもん。

はて、どっちが接触抵抗少ないんでしょうね?


次は銅ターミナルの磨き前後。
同じく500倍
こちらは磨き前
銅ターミナル鏡面前
開封直後でこれなのですごいですね。

こちらは磨き後
銅ターミナル鏡面後
上の画像のものを鏡面に近い状態まで磨き上げたもの。

電気の通り道としてありがたいのはどっちかな?
スポンサーサイト



りんごじゃむ耐久レースマシンコンセプト

耐久なので燃費の良さはもちろんですが、速さも同じくらい大事です。
この辺に関しては特に問題ないと思われるので、
ボディをコンデレで入賞できたらいいなと思えるような状態まで仕上げようと思っています。

ずばり、戦闘機とレーシングカーの融合です。
これが出来るマシンは自分の中であれがぴったりだと思うんだ。
シャーシもボディとの一体感が出るように改修しています。

さあ期日までに間に合うのか!?

斑尾マシン

今のところ耐久用マシンしかまともに進んでいないです。
それもボディだけw
どんなボディかは大会後まで秘密ということで。

今のところSFM用ダイナホークと同じ重量になりました。
まだまだ削るところはだだ余りですw

シャーシはどうしよう?
特に色が決まらない。
セッティングが固まり始めてるだけにもどかしい。
白?青?強化赤、白?、銀?もしくはその他
どれよ!?