fc2ブログ

ミニ四駆のブログ、続けてます。

大会レポート、マシンガレージ、改造関連、思いついたこととか載せてます。調べたらわかる改造法はなるべく載せないようにします。

ケイホビー大会久々参戦

先日すごい久しぶりにケイホビーに行ってきました。

行くのは12月以来で、参加するのは覚えてないw

前日に5ヶ月ぶりにニカドを充電しようとしたけど、
寝坊して充電する時間がほとんどなく1セットが限度でした。
しょうがないので会場で充電できるようにある会社に頼んだ特注品で出来るようにバッテリーを充電。

会場に着くとコースがフラットというwww
TTがあること前提で部品持ってきたのに全てただの重量物になりはてた。

用意していたSFMで走行させるがミニFコーナーや1mm殺しでCOを繰り返す。
レースが始まってからもCOの連続でポイントが全然取れない。
スタビの位置調整が完了したとたん飛ばなくなり、圧倒的な速度域で8連勝して15ポイントゲット!!

電池の充電がいい感じに終わって決勝戦。
1回戦はMS相手に半周近く差をつけて勝利。

2回戦は速すぎて飛びましたwww
完走すれば優勝間違いなしの速度だったので惜しいことをした...
ついでにケイホビー初のSFM優勝マシンになれるところだったのに...

フリー走行で今回1番速いであろうマシンにバトルレースをしてもらったら、
普通に勝ってしまいました。

やはり惜しいことをした。
そしてスポンジ入手へ
スポンサーサイト



とある模型店での一言

「すいませんスポンジ(ゴールトターミナル)ください。」

これはひどいwww


模型店で買い物中にスポンジ欲しさにゴールドターミナルを見ながら
お店の人に素で言っていて、友人に言われて気づきましたw


時は戻ってケイホビーの大会へ続く

トントンにて

昨日はトントン杯に参加してきました。
レースのほうは予選7位、準決勝2回目で負けました。


で、レース後にGF-021を走らせたわけですが、遅い。

とにかく遅い。
秒7mしかでない。
想定速度が7.1~7.2だったので期待はずれの出来だったようで。


新車だ新車!
次のGF-022は新しい装備を施してみます。
速いかどうかは別として、完成したらトントン行きたいな。

GF-021

新車のVSです。


今回は剛性が井桁とサイドレス井桁の中間的なシャーシになるように組んでみました。
CIMG0550.jpg

フロントバンパーのみ使いまわし。
車重は忘れたw
ローラーベースは125mmぐらい

CIMG0543.jpg
前後のスポンジはマシン保護用に装備。
多少の衝撃ならばマシンのバンパーを守ります。

CIMG0545.jpg
CIMG0549.jpg
両サイドは特に言うこと無し。

CIMG0547.jpg
リヤはモーターピンの保持をFRP4段にして剛性UP。
面倒だけど取り外しができるのでローラーベースの調整ができます。


当初は抵抗抜き無しでしていましたが、ここのところ秒速7.1で頭打ちなので
なにが足りないのだろうかと思い抵抗抜きに着手。
衝立はベアリングの支持のみに使用しているのでモーターには触れていません。



正直これ以上どうしたら速くなるのかがわからなくなってきた。
なので、今年はそれを模索する1年になると思います。

生まれ変わるオレンジクラウン

全国のオレンジクラウンユーザーの皆様こんにちは。

今回は私がSFMを製作した際に完成したオレンジクラウンの公開および解説です。
これが成功すれば速度UPは間違いなし!!(のはず

早速本題へ

オレンジクラウン、それはFM系、タイプ系、X系のシャーシでは悩みの種となるもの。
非常に手間のかかるブレークインは、面倒ですがやらないとギヤがなじまないので速くなってくれません。
ギヤのかみ合わせの音がピンククラウンよりもうるさい…

などなど非常に厄介な存在です。

本日はこのオレンジクラウンにある特殊な加工をすることによって、
わずか10分以内でレース投入できる画期的な方法です!!

では完成品をご覧になりましょう。
CIMG0552.jpg
画像が汚くて本当にすいません。m(_)m
デジカメが仕様の問題で接写が苦手なんです。
なので加工前のオレンジクラウンとよく見比べて見て下さい。

ぱっと見何も変っていません。
以前のあれを思い出してください。

そう、あれですSFMです。
CIMG0444.jpg
この時はわざとわからないように写真を撮りました。

話を戻して

加工前
CIMG0553.jpg

加工後
CIMG0552.jpg

明らかに違うのがわかると思います。
画像がきれいならもっとわかりやすくなるはずでした…
並べてみるとこんな感じ。
CIMG0555.jpg


で、実際何をしたかというと刃先をとがらせました。
ギヤの刃先丸めたのではなく刃先とがらせました。大事なことなので(ry
こうすることでプロペラシャフトに対して当たり方が滑らかになりギヤ鳴りが抑えられます。
とりあえず逆テーパー加工とでも言いましょうか。
イメージで描くとこんな感じ。
オレンジクラウン比較

なぜギヤ鳴りがするか私なりの解釈です。
加工前のオレンジクラウンは刃先部分が言わば四角です。
この四角の角の部分が問題なんです。
私のイメージだとオレンジクラウンの角がプロペラシャフトのギヤに対して
2回あたっている可能性があるのです。
内側と外側の角がプロペラシャフトのギヤに当たります。
これが音がカラカラといった音が鳴る原因だと思われます。
仮に1回だけだとしても、
形状が四角なのでこれもギヤ鳴りを増大させる原因となっていると思われます。
負荷をかけながら手で回すとゴリゴリ回る感じです。

これらを改善したのが加工後のオレンジクラウンです。
刃先がピンククラウンのように鋭いのでスムーズにかみ合います。
オレンジとピンクの比較画像です。
CIMG0561.jpg
わかりにくいですがオレンジの刃先がピンクの刃先に近い形状になっているのがわかると思います。
これがギヤがスムーズに動く理由です。

以前のSFMの日記でなぜこれがピンクに匹敵するだけで勝てないかと申しますと、
ピンクがヘリカルクラウンだからですw
このオレンジもこの加工の後にヘリカル加工をすればピンクと同程度になるかもしれませんが、
あいにくそこまでできる道具と技術とやる気がありませんwww


最後に肝心の加工方法ですが、各自で模索してください。
刃先の厚さについてはおそらくマシンによって微妙に違うと思うので各々に任せます。
慣れれば加工時間が10分なのは本当ですよ!


あのSFMの速さの2つ目の理由はリヤのギヤボックスを開けるとわかるんですが、
こればっかりは完全にブラックボックスとしますw
教えたらいろいろとヤヴァイのでw
それでは~

中空ステンレスとチタンのシャフト

『正直どっちのシャフトが優秀なのか?』
これは72mmチタンシャフト
CIMG0558.jpg


これは72mm中空ステンレスシャフト
CIMG0557.jpg


精度

これは選別すれば解決できるので双方に差はないと考えられます。
ただ、安定した精度を求めるとチタンシャフトに軍配が上がります。


性能

チタンは粘りがあるので衝撃に強いので変形しにくいです。
そのため寿命が長く、年単位で持つ場合もあります。
公式等のTT、立体セクション等では衝撃を少しですが吸収してくれます。
ただ、速い人の話だとある一定以上になると速くなれないと聞くので要検討。

ステンレスは少しのきっかけですぐ曲がるので長期的な使用には向かない。
チタンよりねばりがないのでCOですぐ曲がる印象があります。
チタンも曲がるときは曲がりますがステンレスよりは曲がりにくいです。
いずれもCOの際は十分に確認してください。
ステンレスはチタンよりも摩擦が少ないので負荷がかかったときの摩擦も少ないです。。
最終的なタイムはステンレスの方が上????

重量
チタンは鉄と比べて半分の重量なので軽量化には最適です。
中空ステンレスシャフトは中空構造を採用しているので普通のシャフトよりも軽いです。
結果、2つのシャフトに重量の優劣はありません。
ステンレスのほうが0.01g軽いですが、誤差の範囲だと思います。

コスト
チタンは入手経路が限られていて希少で高価ですが、長期的な運用を考えれば安いかもしれません。
それでもヤフオクだと3000円はする。(たぶん

中空ステンレスは入手が容易ですが選別の過程で9割方のシャフトは脱落します。
寿命が短い&選別のために購入量が増えてしまいます。
この選別で脱落するシャフトが非常にもったいないです。
遊びマシンで使用するにしても使えたもんじゃないというのもあります。

チタンは10本中半分以上は使える。

ステンレスは10本中2本あれば良いほう。
これはひどいw

性能

総合評価
精度
選別すれば?
チタンシャフト=中空ステンレスシャフト
選別無しだと?
チタンシャフト>>中空ステンレスシャフト

レースにおいての性能
汎用性のチタンシャフトか勝負用の中空ステンレスシャフトか?
普通に使う分には?
チタンシャフト>>>中空ステンレスシャフト

1/100秒のタイムを競う勝負では?

チタンシャフト<中空ステンレスシャフト?

足回りにおいて重要な重量
ごくわずかの差だけど
チタンシャフト<中空ステンレスシャフト

こまけぇこたぁいいんだよ!!
チタンシャフト=中空ステンレスシャフト

コスト
長期的な運用
チタンシャフト>>>中空ステンレスシャフト

耐久性
チタンシャフト>>>中空ステンレスシャフト


おい、中空ステンレスシャフトがフルボッコにされてるじゃねぇか!www



とまあ、チタンシャフトより劣っている点が多い中空ステンレスシャフトですが、
1/100秒を争うレースで中空ステンレスシャフトがチタンシャフトより優秀だとわかれば、
迷わず中空ステンレスシャフト一択になるでしょう。


それはもちろん速さのため。

しばらくぶりに日記とか更新予定とか

とりあえず今日はこれを含めて4回更新の予定。

オレンジクラウンを使用するシャーシ耳よりの情報を流すのでお楽しみに!

新車のGF-021の公開

速さを追求するために素材を考察してみる。



タイトルは変わるけど更新内容は上記のとおりです。