fc2ブログ

ミニ四駆のブログ、続けてます。

大会レポート、マシンガレージ、改造関連、思いついたこととか載せてます。調べたらわかる改造法はなるべく載せないようにします。

新車製作中

フリベアにはしたけど、空転時間が20秒弱と、まだまだ先は長い・・・
最低あと10秒は回って欲しいな。

あとはタイヤとボディ。
ボディは今までと違うつけかたにしようか考え中。


現在の重量
モーター込み、ボディ、電池なしで77.5g
意外に重いな。
スポンサーサイト



今日はミニ四駆の日と言うことで

こういう日ぐらい日記は書かんとね…と、なんとなく思いました。



今日は強化赤VSのペラ受けにベアリングを埋め込むための下準備をしました。
明日の朝には下準備が終了するので作業が出来そうです。

下準備が出来たら今度はFRPの加工が待ってます。
前にえのもとでボール盤を借りてFRPに5mmと6mmの穴を開けておいたので、
穴あけ作業が省略できる。

立体LC攻略

コースのレイアウト、環境にもよりますが、
大きく分けて3つに分類してみることにします。
1:スラスト
2:ブレーキ
3:構造


1から順に説明していきます。

『スラスト』
マシンを無理やり入れる方法です。
COした場合このスラスト角から見直すことが多いと思います。
レース中に手持ちの部品、時間がないときはスラスト角を増やすことで攻略します。
この時、右リヤのローラー角(スラスト)を若干上向きにすることで立体突入時に
マシンのリヤが浮き、フロントは下に向こうとするので
マシンが下を向きながら動きます。

こうするとリヤのスラストが0の時よりも若干入りやすいです。
欠点は、通常コーナーで右リアタイヤが上に浮く可能性があるので減速します。


『ブレーキ』
スラストを入れても攻略できない時、ブレーキの装備で強制的に速度を落とします。
欠点はバンクでも減速してしまうことです。
大型バンクがある時、最悪坂の途中でマシンがストップしてしまいます。
バンクが無いコースではかなり有効なセッティングです。


『構造』
これはシャーシを立体特化した構造にすることで、立体LCに強いマシンにします。
可変機構の搭載で立体LC限定の可変ダウンスラストローラーを作る猛者もいます。
シャーシ構造でクリヤするマシンは
立体LC以外のセクションでも余分なスラストが無いので平均速度が向上します。

また、無駄な重量が無いので軽いマシンにもなります。
欠点は立体LCが無いコースだとまったく意味の無いものになってしまいます。


以上3つが立体LC攻略で考えられているものだと思います。

ちょいちょいと少しずつだけどいろいろと

今月で春休みもほとんど消化しちゃうな~。

この時期になるとカツいのが作りたくなる。
というわけで製作中。

今年は忙しいことが確定なので、長く速く走るマシンを作る。
シャーシ:強化赤VSサイドレス井桁
仕様:立体LC特化セッティング
タイヤ:超大径
モーター:アトミックorHD2
補足
シャーシはフルベアで空転時間30秒以上。
これが出来なければ実践では役に立たない。
まだ出来ていないので、フルベア技術UPのために今回の車体に装備。
ペラ受け寿命のUPに大きく貢献してくれます。

立体LCはスラスト入れて無理やりではなく、
シャーシで攻略することが今回のマシンの課題。
可変機構を搭載したので大丈夫かな?
だめなら微妙に変更してテストする。

昨日はミニ四駆な1日

まあタイトルのとおりです。

MSをいじってました。ボディ以外は完成しました。
ボディもシャーシの一部で、シャーシもボディの一部?
速さを求めるために大径超速HDPROに。
本来ならトルクの足らないセッティングだが、
タイヤ径を31mmから28mmに小さくしました。
これで大丈夫かな、たぶん。

電池落としもしました。
1mmくらい?
電池落としの効果はおまけですw
狙いは別に。

特徴の1つとして足回りに実験を。
フライホイール効果を狙うために、タイヤ1つにつき13mmBBを装備。
運動エネルギーを保存、及び取り出しを狙います。
タイヤ回転と同時にベアリングも回転させ、減速中に回転しているベアリングから
運動エネルギーを取り出して立ち上がり加速の手伝いをさせるのが狙いです。
これにより、コーナー、ウェーブ、バンク時の減速を抑えようという考えです。
ついでに言えば立体LC,TTのジャンプ中でもベアリングの回転が
ジャイロ効果を(ry。
タイヤも似たような機能をもっていると思うし、この辺はわからない。

昔はRC用ベアリングが使えたみたいだけど、今は無理。
なにより問題なのがレギュレーション。
回転するマスダンパーもローラーとみられないみたいだし・・・
かといってスキッドローラーみたいに路面に接地するわけでもないし。
大丈夫かな?
路面に接地しないとはいえグレーゾーンかなーと。


ボディをバッテリーホルダーに取り付けた。
これによりボディの横ブレを最小限にする効果がある(かも

あとはボディの完成を待つのみ。
ウイング作って塗装してステッカー貼って完成だ。



バスターは塗装一歩手前。
だが塗装できない。ようは金が(ry