fc2ブログ

ミニ四駆のブログ、続けてます。

大会レポート、マシンガレージ、改造関連、思いついたこととか載せてます。調べたらわかる改造法はなるべく載せないようにします。

ケイホレポ

朝の8時ごろにつくもすでにかなりの人数がいた。
8時半にエントリーを済ませ列に並ぶも人多すぎ。

大会方式はポイント制
15ポイントたまったら決勝行き。
3人同時スタートで、1位2P、2位1P、3位0P。
1位の人は勝ち抜き方式で連戦可能。

コースは珍しくトラップ無し。そんでもって高速テクニカル。
ストレート4枚90度カーブストレート7枚?位後に立体LC。
さらにその直後にバンクw

思いっきりカツマシン殺しですね。
超大径で速度を稼ぐも速度が伸びませんでした。で、CO。
マシンの損傷が無いのが救い。

結果は3ポイントしか溜められず駄目でした。
いやね、常時40人以上並んでて、2時間しかないのに
15ポイントなんて溜められません。

15ポイントたまった人は5人に満たなかった。
ジュニアの参加者が30人以上もいたのに1ポイントしか取れなかった子が
決勝にいけるのは絶対におかしい。
と言うかジュニアの決勝が32人て…、無いよ。
エキスパは16人だった。それでも5ポイントの人が決勝に行けました。

ジュニアの決勝が思った以上に長引き、大会終了が長引いたそうな。

来月から事前予約が必要みたいです。
去年の月例優勝者は予約要らずで人数オーバーでも優遇されます。
自分は2回優勝してたので、今年は一安心。

とりあえず人多すぎ。
ポイントはせめて1位を3Pにしてください。人が回りません。
もしくはトラップの有無関係無しにTA方式で走行回数の制限してください。
そうすれば、子供も大人も慎重に走らせてくれると思いたい。
じゃないと待ち時間が長すぎて疲れる&やる気が無くなる。
何回も走れるから緊張間があんまり無い。

あとは目標タイムに近づけるタイプとか。

走ってマシンに関して。
ドノーマルマシン(本当にただ組んだだけ)ってコース全長が長いほど
イライラするのは自分だけですか、そうですか…。
ただでさえ待ち時間が長くて大変なのに。
戦略かもしれないけど、遅すぎるのもどうかと思ってしまう。

気になったマシン1台とそのレーサー。
すいません、自分にはその人がとてもじゃないけど高校生以上には見えませんでした。
HDPRO積んでるから速いと思ったけど、パッと見中学生くらい。
まあ中学生でも速い人がいるので違和感感じないけど、さすがに疑うよ。
お店側がそのように配慮してるなら構わない。

今回ケイホでの収穫
プロトセイバーEVOのブラックスペシャル?
レイザーギル、IMAI製のモーターケース(超四駆、フェンスカー時代のモーター入れ)、
ラバーキャッチホルダー、WBF×4、タッチダッシュ。

モーターケースは以前からほしかったので即買い。
EVOも作りたかったので即買い。
持って行った荷物より帰りの方が荷物が多かったです。
で、リュックの許容量オーバーw
スポンサーサイト



浅草出撃

今回参加する公式は実に1年8ヶ月ぶりの参加です。
去年は全国や斑尾、大学の変な講義等で時間が無かったので参加できませんでした。マシ斑尾のおかげで小径マシンの速度域が飛躍的に上がりました。
超大径、大径も小径の基本をフィートバックしたら自然と速くなれました。

そんな感じで去年過ごした結果、公式の参加をしませんでした。

今年は公式にも目を向け、可能な限り参加しようと考えてます。
と言うわけで、新年一発目の公式にまもなく出発です。

使うマシンはオープン部門と小径オープン兼用に作った新車。
名前どうしようかな?今回のために白VSおろしたんだよね(笑。
だから型式だけでも「小径2008・ver1.0」
ボディはGF-013から借りたWNF。WBFのボディなんだけどちょっと違う。

あと初参加のコンデレマシンも作った。
それは7ヶ月前に考え、最初の方に書いたことを盾(言い訳)に作れなかったマシン。
「バックブレーダーアクティブサスペンション搭載機」
ついに実現しました。残念ながら現在の自分の技術では
レギュレーションの完全適合は出来ませんでした。

それではまもなく出発だ。

新レギュに関してのあれこれ

人によってさまざまな取り扱いを受けている、タミヤの急なレギュレーション変更。
さすがに自分も教えられて知りました。

で、以下ヨンクラからの引用
チューンナップスプレー等はOKでいいのか?ってことで電話した。
今回の返答↓
レギュには載ってないけど、タミヤが認めていないのは変わりない。
車検の際に確認が出来ないから項目から外したようです。
ばれなきゃOK。
ただし、ばれたら失格な。この辺は自己責任ね。
チューンナップスプレー等使ってモーターに異常(発熱とかね)がないかを、
車検のときに調べるくらいはするみたい。
マグネットつかっての脱磁もアウトです。
これらは応答してくれるひとによって違うかもしれないので割合。

と言うことで、自分は従来どおりチューンナップスプレー等は使用しません。
正式なレース以外だったらモーターの寿命のばすためにするけどな。
ワークマシン用のモーターとかね。
マグネットの年数による自然劣化はたぶん大丈夫だと思うのが個人的な見解。
昔のモーターとかはさすがにトルク無いし。
ここまでヨンクラの内容。

でだ、正直なところ改善とも取れるし、改悪ともとれる。
でもミニヨンレーサーならコースに合わせたセッティングと言うのをしてくれると思うんだ。
コースはマシンに合わせるな、マシンをコースに合わせろ。
コースに問題あったら別ですが。

参考セッティング3

今回は高速コースだけどテクニカルな要素も入ってる、高速テクニカル系です。
判断基準は直線が多めに見えるけど、しっかりと減速区間があるということくらいですかね?

ショートタイプの高速テクニカル系
減速が多いゆえに、再加速するための区間もあまり無い。
高速コースだけどストレートが少ない場合もあります。
そんなときはオール830で攻めます。スタビやブレーキで速度と挙動調整を。
それでもお速度が伸び悩むときはリヤを19ミリPBに変えましょう。
830より軽く、抵抗も少ないので速度の向上が望めます。
ただし、ウェーブがあるとこのセッティングができません。

自信のある方は右フロントをWA。エキスパートの上の方の方々はそんな感じが多いです。
しかもブレーキなしがデフォw

ロングタイプの高速テクニカル系
コース設計者にもよりますが、だいたいはLC手前に減速区間が設けられてます。
こういうときは逆吊りWAを右フロントに、それ以外は830です。

この手のコースは減速区間をいかに減速させないようにするかが鍵です。

参考セッティング2

主に管理人がコースを見て判断した際のローラーセッティングです。
ショート:50~150mクラス、ロング:200mオーバー
正直150mクラスだと中距離ですね(苦笑。

ショートタイプの高速系
速度を出したいけどそう簡単にはできないです。なので、トルク重視で攻めたほうが無難です。
人によってLCは中途半端な速度域で突入するので、スタビやブレーキを保険程度に付けときましょう。
高速コースの分速度は出やすいけど、決して中途半端な速度域にしないようにしましょう。

フロント:右WAor逆吊りWA、左830で固定
リヤ:830

コースが短いので秒6.8m/sも出てればとりあえず満足なレベル。

ロングタイプの高速系
このタイプコースは速度がグンと上がるのでLCが比較的簡単になってる印象があります。
そのかわり、速度の出すぎでLCを越えられない場合もあります。
ローラーはショートタイプの高速と同じ。
このコースが最もタイムが出ます。
十分な加速区間、LCは速い速度で突入するのでローラーもしっかり噛んでくれます。
まあ、速過ぎだと無理ですねw

大会宣伝+出撃準備

明日は1年に1度のえのもとNewYear大会です。
寒さに負けず奮って参加してみましょう。

自分は某先輩を朝の7時に回収して出発です。

マシンはほとんで整備完了の状態で嬉しいけど、GF-013が全国以来の走行。

新車のえのもとVS大径車はどんな走りをするか楽しみです。


誰かアストロブーメランのボディ重量おしえてぇ~。