fc2ブログ

ミニ四駆のブログ、続けてます。

大会レポート、マシンガレージ、改造関連、思いついたこととか載せてます。調べたらわかる改造法はなるべく載せないようにします。

第2回JBY

何年かぶりにカツフラで入賞です。
ファーストステージ(予選?)ファイナルステージ(決勝?)で3位になれました。
本格的にカーボンを導入して数年、アトミ2になってから...何年だ?

今回新車で挑みました。
完成までは順調だったとはいえ、いつものように何が足りないか走らせて確認。
FRP中心に使ってたときはぶっつけ本番でもどうにかなる部分はありましたが、
カーボンになってからその素材特性に振り回されてしまい、
思ったように走ってくれないことが多々ありました。
_20171105_225831.jpg




大会当日、迎えを待って仮眠
移動も順調にというか、帰りの運転ということで睡眠とりまくってましたw
これが功を奏したわけですね。

会場に到着後LC前の良い席を確保しピット設置。
練習走行で状態を見るとそんなに悪くない走りで安心。


ファーストステージ
完走CO関係無しにファイナルステージいけると知りつつ4位以上通過目指してレッツゴー。

1回目 CO……
この辺かな?マシンを修正し2回目に備えます。
すでに25秒台に突入している選手もいたのでそれを大きく超えることを目指して考えます。
マシンの状態は走行会でも悪くて無理!というのは感じられなかったのでガンガン攻めます。


2回目 26.19秒 悪くない
が良くもない。
中間全体7位とトップ10以内でお昼を迎えます。
マイブームのアイスミルティーを飲みつつ午後に挑みます。


3回目 25.36秒! ここに来て全体ベスト更新で本人も驚きですはい。
マシンの方向性も固まり、LCも安定していたので4回目に向けてスラストを抜く。

4回目 CO ダメか
その後3,4回目で☆さん樺太さんに抜かれつつも3位通過と上々の出来でファーストステージを終えます。


いざファイナルステージ。
1回目 順調に完走し51.70秒。

中間3位になるも電池がたれすぎてこのままではヤバイ。
この辺から頭がいつもより回りだす。
なにをしないといけないのかひたすら考えます。
スラストを抜き電池も気をつけつつ4回目の順番を待ちます。

4回目 51.31秒!
1周目のタイムとまったく一緒でしたが2周目のたれが改善されほぼたれずに完走。
土壇場で0.01秒差つけてゆーじさんを抜き2位に浮上。
この時点で3位以上が確定!
そして樺太さんに抜かれ3位に。

冒頭に書いたとおり入賞です、表彰台です。
カツフラで濃いメンツという意味では約5年ぶりに表彰台に立ちました。
うん、長かった、とてもとても長かった。
DML_huuVAAAjRDA.jpg


またどこかで表彰台に立てるよう努力を続けよう。
主催者様、参加者の方々お疲れ様でした。
またどこかの大会で。
スポンサーサイト



番長になった日

今日はケイホビーで直線番長の大会がありました。

直線番長とは…俺が1番速いんだ!を決めるレースです。
コースはオーバルでこんな感じ
DSC_0356.jpg
DSC_0360.jpg

あれです、ストレートなのに波打ってます。
かっ飛ばすだけなのにストレートで飛ぶ珍事が起きたりする程度の難易度です。

今回参加したクラスは
・タミヤクラス(タミヤレギュ)
・タミヤモータークラス(タミヤレギュ+ウルトラ、プラズマ使用可)
この2つにエントリー!
丹念にならしたスプリント、ウルトラダッシュを持ち込んで挑みます。

マシンはこれ「番長号」
DSC_0345.jpg

去年見せた片鱗をエアロの可能性に魅入られて組みました。
シャーシ底面全体にエアロパーツを装備し、空力を最大限見方につけます。


予選を各クラス3回までということで、まずは練習に励みます。
練習なので電池は適当なので確認走行。

試走の感想は「気持ち悪い走り」でしたw
うねっている路面にも関わらず地を這うように走るという。
いやー気持ち悪いw


いざ予選!
スプリト等までのタミヤクラスで走るも7秒ちょいと微妙なタイム…
そしてキャッチの衝撃でブラシが逝った。

タミヤクラス終了~
スタッフの方にキャンセル申込みましたよはい。



ここでクラスをタミヤモータークラスにしぼります。
まずはさらっと7秒切り、6秒964を記録。
微妙じゃね?とか思いつつ過ごします。

そして悲劇の2走目
タイマーが反応しなかったらしく数周させても無反応。
間違えて素手でマシンキャッチしていまい、フロントウイング半壊レーサー負傷としくじった。


修理したら実車のガムテープ修理を思い出すというw
ここで少し策を練り、スタート位置を半分にして助走距離を減らしタイマーに反応しやすくしてみた。


気を取り直して2走目
さっきよりもさらに速度を上げて挑みます。
予定通りタイマーが反応し順調に走行する我がマシン。
気持ち悪いくらい路面に張り付き加速していく。
タイムは6秒475
余裕のトップタイムです。

ここで時間切れ、集計です。
貼り出された結果は……

DSC_0361.jpg

余裕の予選1位なんですけど、無差別クラスすら凌駕する圧倒的なタイムを叩き出した模様。


いざ決勝トーナメント!
電池の件できちんと聞いたのにー

ジュニアは井桁小僧が優勝!
タミヤクラスはたっちんさんのMSマッハが優勝を決めました!


いざ自分の番。

予選1位通過なので1番目。
相手はゆめさんです。
一気に引き離し勝ち!

2戦目あすらさんもスタートから引き離し勝ち!


3戦目の決勝戦たっちんさん
相変わらず一気に加速しつつも路面に吸い付くように走ります。
2,3m差を付けて優勝を決めました!

決勝トーナメントなのに全てのレースで終始リードをつけ、
相手を並ばせないレース展開に持ち込めて満足です。
圧勝とはこのことだな、うん。
DSC_0363.jpg


気づけば無制限終わってて、たっちんさんのMSマッハが優勝です!
どうやら自分のエントリーしたタミヤモータークラスとマシンが一緒のようです。

つまりあれです、無差別すら制覇したマシンに勝てたのです。
これは大変喜ばしいことだ。


タミヤクラス、無差別クラス2冠のマシンと記念撮影。
DSC_0364.jpg

お疲れ様でした!


この秋、直線番長の称号を獲得!

Advanced M4 CHALLENGE CUP Vol'8大会レポ

SKCが今年最後のカツフラと言ったな、あれは嘘だ。

行ってきました岩手は花巻。
行きたいなー行きたいなーと思ってた今年、行ってきた。

まずは交通手段の確保と参加枠の確認
お、夜行バスある!行くしかない!!ってのが10月末近く。
チケット取ってあとは秘密裏に準備。
0泊3日の強行軍ですはい。

大会に向けてこの話題を封印したり、マシンや電池の準備を済ませる。


15日土曜日の日付が変わる頃にバス出発!

尻が痛い……がバスの感想
席は後ろがお手洗いの窓際と好条件なんだけど尻が痛い。

さて困ったぞということでググってみたら意外と同じ悩みが。
すでに手持ちのひざ掛けをしたに敷いていたけど、対策あってた。

この教訓は帰りに活かそうと誓ったのでした。

寝て起きてを繰り返してなんとか着いた花巻駅、なんと今回手厚い待遇を受けられることに。
主催N-Paさん直々の送迎ですよ、なんて贅沢な。
バス停視点からの花巻駅
DSC_0290.jpg
のどかだ


会場にはすでにグレートさんが!
9時に会場入りし、いそいそと準備を始める。
お隣のピットはレストアさん、SFMを使う方です。
DSC_0293.jpg
こっそり行っただけあった、知ってる人が!?ってなってて面白かったな~。
完全に隠し玉枠っていうw


充電器は悩んだ挙句、フロントラインとエナジャイザー。
本当はエナジャイザーだけにしようと思ったけど、いつも使ってるフロントラインをメインにすることに。
タイムスケジュール見る限り1台で運用できるから助かった。


マシンはSKCのをオーバーホールしてきたので準備万端。
GF-037、今年最後のカツフラでどう結果を残すのか。
DSC_0217.jpg

レイアウトです
DSC_0291.jpg
DSC_0292.jpg

タイム伸びる?と思ったけどそんなことはなかった。
難しいレイアウトだな、うん。

受付終えてモーターならし、ブンブン回します。
アルカリを捨てるように使っていきます。
1回目の走行までに育てた良いほう選択。
DSC_0294.jpg
まず1回目残した。
2回目はCOで終了。
くそう、だめか思いつつお昼を食べる、お菓子も食べる。


DSC_0299.jpg

1,2回目中間を1位通過の模様。
やったね。


さあどうする3回目と悩んだ挙句、850を装備した。
これでLC入るだろう!と思ったけどそんなことなかった。

走らせるとあれー?ってなるくらい遅い。
850取れてたことが判明orz
第1コーナーで脱落したようだ。
それでよく走ったもんだ。

で、タイムをここで抜かれたようですよ。

いざ4回目へ
いい感じにラップを刻み、1人目の28秒台へ!
DSC_0302.jpg
3,4回目の結果も1位通過。
やったね!

この間にも東北の方達のマシン見たり、マシン見せたりしてました。
駆動系見せると???って顔されてばかりというw
まあ、ぱっと見何もしてないしな。


さあさああとは5回目ですよ。ここまで来たらタイムを刻むのみ。
大会の趣旨通り保守的な思考は捨てていこう。


マシンに最大限の仕事をしてもらうべく何ができるか?と考えて調整。
こここーすればこーなるからいける!っていう感じでセッティングして挑みます。
通過ラップも自己ベストを刻みLCクリア!

タイムは28秒647!
秒7.53mのようです。
DSC_0304.jpg
あとは引き続きほかの人マシン見たりしてました。

で、最終結果
DSC_0312.jpg
DSC_0308.jpg

やったね!
中間含めて最後まで1位を譲らずに優勝です。

おまけ
DSC_0300.jpg
DSC_0298.jpg
最新のマシンへの衝撃吸収材の模様(違


大会後、表彰式前後ですね。
マシンを見せたり見させてもらったりしてました。
書きたいことは多くなるので省略。
やっぱりみんな駆動系を見せると???ってなるというw

運営の方達とご飯食べて、N-Paさんにお世話になったりとありましてバス乗って帰宅です。
帰りはぐっすりでした。


まとめ
大会に関して
 何げに初のぼっち遠征です。
 いつもと違うのは周りは知らない人が圧倒的に多いこと。
 カツフラのレイアウトだけど、大会の雰囲気はそうではいので非常に楽にしてました。
 それでも、何か起きたら全部自分で対処するのは変わらない。
 持ち込む荷物はもう少し軽量化できるよう頑張るとしよう。
 
マシンに関して
 マシンに最大限仕事してもらうために何ができるのかって常に考えてやってはいたものの、
 レーサーの凡ミスでダメにしたことがあるのがもったいなかった。
 もう少しタイムを伸ばしたかった…26秒前半は間違いなく行けたはず…!



来年のAdvanced M4 CHALLENGE CUPでも会いましょう!
お疲れ様でした!
次のページ